同居妻→同居解消balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

2008年11月から9年間同居後、2018年4月に同居解消。両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産、2019年7月25日予定帝王切開にて次女を出産。20年正社員で勤めた会社を退職し、今は夫と二人三脚で働いてます。ネガティブ思考の強い40代主婦の日常を綴ります。

【新型コロナ感染】3歳、下の子が感染したあとの我が家の家庭内感染の様子、病院の対応。

下の子がコロナの陽性になって、私たち家族(私、夫、上の子7歳)は濃厚接触者になりました。

その濃厚接触者の健康観察期間が終了して、2日後、上の子が発熱しました。

下の子が発熱、コロナ陽性と診断されてから8日後でした。

 

うちは家庭内感染しなかったんだと、少し気がホッとしたのも束の間、まさかのタイミングでした。(私の中では)

慌ててかかりつけ医に電話し相談すると、同居家族に陽性者がいると来院しての診察は出来ないそうで「電話診察」という事になりました。

そして上の子は『みなし陽性』と診断されました。

 

上の子は翌日のお昼ぐらいまで体調が悪いようでしたが、食事を少し取ると一気に元気になりました。

熱も翌日の午後からは落ち着きました。

 

上の子がみなし陽性になった日の午後ぐらいから夫も発熱。

熱は3日ぐらい続きました。

特にかかりつけの病院がなかったので、保健所へ相談し、病院を数件紹介してもらいました。

しかし、電話で相談してもどこも断られてしまい、宙ぶらりんな状態になってしまい困っていました。

 

その内、私も喉の痛みと咳、発熱。

上の子が発熱してから2日目でした。

でも夫や子供たちの熱に比べたら、私の発熱は低め。(38度に行くか行かないか。)

ただただ喉のイガイガ感と痰、咳が酷いです。

熱もそれほどでもないのに病院に電話するのもどうか…何より夫がどこの病院に相談しても断られているのに、私も同じようになるかもしれない。

そう思うとなかなか電話をする勇気がありませんでした。

 

でも、同居家族に陽性者がいて私も夫も確実に体調を崩している。

なのに、宙ぶらりんな状態なのはちょっと納得いかないと思い、勇気を出して上の子のかかりつけの病院に相談の電話をしました。

すると、私も夫もその病院にかかったことはなかったけれど、保険証を持参してすぐ帰宅し、電話診察を受けることができました。

そして『みなし陽性』との診断をしていただくことが出来ました。

 

本当なら陽性になったことは全く嬉しくないけれど、見捨てずに診察、診断してもらえたことが本当にありがたく嬉しく思いました。

 

家に陽性者がいて有症状だと診察が出来ない、と我が家は悪く言うとある意味見捨てられた状態になり、本当に精神的にも辛い日々を数日過ごしました。

医療従事者の方々が毎日毎日大変なのはわからないでもないですし、致し方ないのかもしれないと、内心思っていました。

だけど、すべてがすべてそうじゃないんだと諦めずに勇気を出してダメもとで電話をしてよかったと思います。

諦めていたけど、当事者になってみると優しくされたいものです。

 

今回、見放さずに診察、診断してくださった病院の先生に感謝します。