同居妻→同居解消balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

2008年11月から9年間同居後、2018年4月に同居解消。両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産、2019年7月25日予定帝王切開にて次女を出産。20年正社員で勤めた会社を退職し、今は夫と二人三脚で働いてます。ネガティブ思考の強い40代主婦の日常を綴ります。

「育児」って「そんなこと」ですか?

毎日忙しくも充実した日々を過ごしています。

育児は相変わらずです。

上の子に怒らない日はありません。

仕事は掛け持ちだけど、今週は自営の方で現場に行くのはゼロでした。

夫1人でどうにかなったのと、疲れが溜まって休ませてもらったのと。

自営の方で仕事がなくてももう1つのお掃除の仕事が入ってるので、実質、私は休めないんですよねー。

そんな日は夫がお風呂掃除してくれたり、夜ご飯を作ってくれたりする日もあって助かるのですが、そうじゃない日はワンオペに近しいので、内心は当然だよと思っちゃってます。

 

そんなある日、夫と仕事と育児のことで口論になり、売り言葉に買い言葉だったのかもしれないけれど、

「そんなこと(子供の面倒を見ること)ぐらいで仕事なんか休めるわけがない!!」と言われたんです。

なんかショックでした。

あー、この人は育児は女がするものだと思ってる人なんだと思っちゃいましたね。

心にもないことがポーンて口か出てくるわけがないですもんね。

と同時に育児を「そんなこと」と言う言葉で言われたことがかなり頭にきましたね。

私は毎日悩みながら向き合ってるんですよ、これでも育児に。

育児は自分を犠牲にしなくちゃならないし、絶対に簡単なことじゃないし、すごく大変なことだと思っているので。

夫にだって相談してるんですよ。

それを全て否定されたような気持ちになりましたねー。

「あんな言い方されたらそうやって言わさる」と言われたけれど、ただの言い訳だよね?

年数一緒にいると知りたくもない夫の本性がわかってきちゃいますね。

こういうのが積もり積もって熟年離婚とかになるんでしょうねー。

思い出すだけでもイラッとする気持ちが蘇ってきます。

仕事なくしては生きてはいけないから、そのプレッシャー故の言葉だったのかもしれませんが、言葉には気をつけなくてはなりませんね。

明日は月曜日。

頑張りましょう。