同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

朝起きるのが辛いです

身体が怠けているのかな?

仕事をしていたときはそんなこと言ってられなかったのに。

あ、でも仕事してようがしてなかろうが考えてることは同じかな。

朝はもっと寝ていたい。

お弁当作るの面倒だ。

自分の支度も面倒だ。

ずーっとダラダラしていたい。

週に何日か引っ越し先に行って掃除をしてるんだけど、そこに行くのもこの頃怠くなってしまった。(車で1時間10分ほどかかる。)

で、娘の保育園入所希望の用紙を取りに行ったり提出しに行ったり、来年度の用紙を取りに行ったり提出しに行ったりもなんだか面倒になってる。

ダメダメ人間になってる。

私はやっぱり怠け者だ。

娘は頑張って毎日登園しているというのに、ダメな母だ。

ハローワークとか求職活動とかも今は面倒としか思えなくて。

何かに疲れているんだろうか…。

お昼寝しても質のいい眠りが出来ず…。

何なんだろうか。

風邪もまたひいちゃったし、何やってんだか。

生活リズムはそんなに乱れてはいないけど、寝る時間が遅くなってきたな。

仕事に行かないという甘えかも。

でも起きる時間は変わらないんだから、早く寝たら気持ちもすっきるするのかな。

何だかとりとめもないことをつらつらと…。

私!しっかりせい!!

夫への想いを再認識しました

私のお産は破水から始まり丸1日と半日かかりました。

その間、夫は仕事が立て込んでて忙しかったにも関わらずできる限りそばで付き添ってくれました。

私は出産前も出産後も夫が来るのが待ち遠しかったし帰ってしまうのがとても寂しいぐらい夫が必要でした。

退院後は実家に帰ったけれど、夫に側に居て欲しくて1週間ほどで帰宅しました。

その時までは本当に夫が必要だったんです。

でも帰宅して慣れない育児に奮闘していても夫はあまり参加せず、娘が生まれる前となんら変わりない生活してました。

だんだんと私も孤独になってきて、育児に積極的じゃない夫に怒りを感じるように…。

それからはあんなに必要だった夫への愛情も全く感じなくなってしまったのです。

それは産後クライシスだったのかな。

最近やっとそんなガルガルした気持ちも和らいできました。

そんな中、ほぼ休みなく働いている夫が仕事場で大きなミスをおかしてしまいました。

即、夫から連絡が来てその落胆ぶりに私は何とか夫を元気付けたいと強く思いました。

夫が心底心配でした。

あー、こんな気持ち久しぶりだなぁ。

昔も夫が苦しんでるときこんな気持ちになったなーと夫への想いを思い出しました。

この気持ちはずっと続くのかどうかはわからないけれど、何だか新鮮。

離婚とか今は思わないし。

状況も状況だからかもしれないけど。(私、現在無職。引っ越し予定、義理の両親と別居。)

こんな気持ちを思い出すのも必要ですね。

今、産後で一番夫に対して優しい気持ちでいられてる気がします。

いつもの習慣を止めるようにしてますと義理の従姉妹の妊娠

いつもの習慣…

寝る前に布団の中でスマホ見てる。

ブログの更新をしたり読んだり、SNS見たりコメント書いたり。

最近、著しい視力の衰えを感じてヤバいと思って止めるようにしてます。

そうなるとなかなかブログ更新が出来ず。

自分のはけ口的な感じでやってるブログですが。

 

毎朝、私がドタバタ忙しなく動いているときに義理の両親と夫はゆっくり朝食タイム。

その時に夫の従姉妹が妊娠しているとの話をしてた。

私は部外者だと思っているのか、初耳。

しかも私のいないところでいつもそういう話をしているから、そういうタイミングを見計らって話してるのか?と思わずにいられない。

そうやってコソコソ(してるつもりはないかもしれないが)話されるとおめでたいことでも素直におめでとうなんて気持ちにならんね。

私の直の親戚じゃないし。

しかも私が二人目のことで悩んでいるこのタイミングだからなおさらあまりいい気持ちはしない。

人の幸せを素直に祝ってあげられない私はなんて人間なんだろうとは思うけど。

義母のやり方は本当に腹立たしい。

娘、初めての傘と私の子宮頸がん検診

今日は朝から雨。

娘の傘を買って用意はしてあったけど、出番がなかなかないままだったのを、やっと使えるチャンス。

娘は傘が大好きでなかなか手放さないからどうしようかと思ったけど、慣れさせないことにはいつまで経っても手放さないなーと思って家から車まで、車から園までの少しの道を傘を持たせてみた。

家を出るときにお約束を言い聞かせてからね。

実際どうかなーと不安だったけど、意外にも娘はお約束を守った!

車に乗るときも園の玄関に着いたときも愚図ることなくスムーズに出来た!

すごい!最高!

 

送った後のその足で私は子宮頸がん検診。

検査の器具が入って何かされたときは超痛かった。

エコーの時は全然だったけど。

痛い先生とそうでない先生がいるのは腕が違うのかな?

不妊治療と娘を出産した病院の先生はいつも痛くなかった。

とにかく今日はすごく痛くて「痛い」と言ってしまったわ。

義父が足を負傷しました、私じゃ夫の力になれない

雪の無い季節はマラソンが趣味の義父。

昨日の大会で右膝を負傷し歩くのもままならない状況です。

義父には夫の仕事が込み合っているときに手伝ってもらっていて、明日からも忙しくなりそうだったのでその予定でした…。

が、その当てもしばらくは無理になってしまい夫は困っています。

私も時間の縛り(娘のお迎えがあるので)があるけど、力になれるのなら手伝いたいと思って夫に伝えたけど未経験で時間の縛りのある私は使い物になら無いそうです。

…直球で言われた訳じゃないけど結局はそういうこと。

これってやっぱりどこかの会社であってもそうじゃなくても小さな子を抱えて仕事をするというのは難しい社会なんだと突きつけられてるようで苦しくなりました。

まさか夫からもそんなふうな扱いを受けるとは…。

私は結局どこかの会社でながーく勤めてきたけど辞めてしまえば使い物になら無いダメな人間なのかと悲しくなりました。

夫の仕事を手伝う覚悟を決めて退職を決意したけど、考えが甘かったのかなー。

 

引っ越し先のリフォームにしてもDIY未経験な私には掃除しかやることはない的な扱いで任してもらえることがなく、やるせないです。

 

仕事…辞めるべきじゃなかったのかな…。

今からそんな想いが脳裏をよぎります。

夫と二人目のことを話し合いました

お腹がヤバいぐらいパンパンです。

そろそろ生理が来る頃。

すごく苦しい。

早く来て欲しい。

 

今日は出掛けた帰りの車で夫と二人目のことを話し合いました。

結論的には私も夫も二人目を望んでいるということ。

でもすぐには治療に踏み出せない理由があります。

①引っ越しとリフォームにお金がかかること。

②仕事のこと。(収入が安定していない。この先私が夫の仕事を手伝う予定だけど、治療をしたらそうもいかなくなること。)

でも、自分の年齢を考えたら早いに越したことはない。(来年、40才)

以前、治療をしていたときも夫は個人事業主になるべく準備していた時期で、貯めていたお金も治療と生活費にほとんど消えちゃいました。

お金の問題も切実だけど、何より私の身体にはタイムリミットがある。

幸いなことは3年前に受精卵数個を凍結していること。

卵子は年齢と共に老化していくから。

でもね、正直、今の夫の生活ぶりだとちょっと躊躇する。

もっと育児に協力的じゃないと。

それとやっぱりお金は大切。

無理して二人目をと頑張っても将来的に辛い思いはさせたくない。

それだったら諦めるのも有りなのかとも私は実は思ってる。

社会がもっと不妊治療に助成してくれたらなぁ。

保険対象になって欲しいよ。

本当に。

一昨年ぐらいに放送されていた『コウノドリ』を見ました

録画してたものの夫も観たいと言うから、なかなか一緒に観るタイミングが無くて、今日は3話まとめて観ました。

妊娠、出産がどんなに奇跡的なことなのか育児に負われてすっかり忘れてました。

赤ちゃんが欲しくて辛い不妊治療に励んでいたときの気持ち。

授かれたときの気持ち。

妊娠中の気持ち。

破水したときの気持ち。

出産したときの気持ち。

初めて抱っこしたときの気持ち。

いろんな気持ち。

今は魔の2歳児真っ只中でイライラしっぱなしだけど、私は娘の誕生を望んでいて、この子のことを一生守ると誓ったんだよね。

生まれてきてくれてありがとうと思っていたんだよね。

コウノドリは妊娠、出産、マタハラ…。

女性が思い悩んでいることや今の社会での出産や子育てのしにくさをストレートに伝えてくれる。

観るたびに涙が出る。

私も不妊治療(体外受精と顕微授精)経験者で、普通分娩が出来ずに帝王切開で出産。

赤ちゃんを授かれずに体外受精や顕微授精をすることは自然妊娠からかけ離れていて抵抗がある、と言う話があったけど気持ちはわかるなーと思った。

でも私は自然妊娠出来ない身体だったからそれ以外方法はなかったし、赤ちゃんを授かることが目標だったから。

帝王切開は普通分娩より劣ってるという話もあったけど、私もいざ自分が帝王切開になったとき自然に生んであげられないことがすごく悔しかった。

自然妊娠も出来なければ普通分娩も出来ない自分の身体が情けなかった。

どうして?って思った。

でも、帝王切開も立派なお産。

その方法がなかったら娘の命は危なかった。

だから出産の方法に優劣なんてない。

今はまた不妊治療を再開しようかどうか悩んでる。

欲しい。

でも今の状況では金銭的に難しい。

でも女性にはタイムリミットがあって、出来るだけ早いに越したことはない。

とっても難しい。

娘のためには妹か弟つくってあげたい。

やらずに後悔するならやって諦めた方がいいに決まってる。

年齢的に時間の猶予はない。