同居妻→同居解消balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

2008年11月から9年間同居後、2018年4月に同居解消。両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。20年正社員で勤めた会社を退職し、今は夫と二人三脚で働いてます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

誕生日のこと

昨日の私の誕生日は夫も仕事が休みで、たまたま義理の両親が来ることになってた。

まさか夜ご飯まで一緒に食べて帰らないだろうと思ってたのに、予定外も予定外。

図々しく夜ご飯食べて行った。

誕生日は何もしたくないと言う私のリクエストで外食に行く予定してたのに、ご親切に義母がいなり寿司の揚げと酢やらを持って来ていて「これ作ろう」と。

同居してた時はいなり寿司だけの食事のときもあったけど、娘の栄養バランスを考えたらそれだけではダメだと思って、簡単な生野菜サラダと鶏肉の料理を作るハメに。

おまけに食後の食器洗いも。

何もしたくなかったのに疲れた〜。

義理の両親の図々しさにまたまた嫌気。

夫も悪びれる様子無く。

まぁね、誕生日は何もしたくないと言うのはただの私のワガママなんだけど、来客があるといつも以上に動かなくちゃならない。

結局は私が何から何までやらなくちゃならなくなるのに、それが当然だと思ってる義理の両親と夫の労いのなさに嫌気がさす。

来月、再来月は義理の両親の誕生日があるけどお祝いなんてしたくない。

同居のときは知らないふりするのも悪いと思ってケーキを買ったりしてたけど、せっかく離れて暮らしたのにわざわざそんなことしたくないよ。

調子のいいことばかり言う、ご機嫌を取るようなことを言う夫がムカつきます。

40歳になりました

四十路…。

あぁ…なんか抵抗ないと思ってたけど、なんだかちょっと受け入れ難い。

大人になりきれない四十路…。

 

朝、娘がHAPPY BIRTHDAYの歌を歌ってくれた。

あー娘もこんなに大きくなって…。

普通にお話が出来るまで成長した。

愛しい娘、大事大事な娘。

理不尽に叱ってしまうこともある。

そんな時は後から後悔の嵐。

可愛すぎてギューッとせずにはいられない。

今はまだ3歳だけど、いつか私の元から離れていく日が来ちゃうのかと思うとすごく寂しいね。

 

移植へ向けて治療が始まった

昨日、病院に行って来た。

いよいよ移植へ向けての治療開始。

今日から内膜の調整をするためのエストラーナテープ3枚を1日おきに貼り始めた。

いよいよだ。

治療が始まったのにどこか実感がない。

移植日はまだ決まってないけど、今月末か来月頭。

来月頭は娘の定期的な通院があるから、その日とどうかぶつかりませんように。

 

子宝草を倒してしまった

明日、移植に向けての薬を貰いに病院に行く。

そんな日の前日に背が伸びてしまい不安定な子宝草が私の服に引っかかってしまい鉢植えごと落下…。

葉っぱにたくさんついていた子どもたちもたくさん落ちちゃったし、葉っぱ自体にも傷が付いた。

そして何より第二子を望んで通院する前日にこんなことになってしまうなんて、縁起が悪いと夫が…。

何でも悪い法に結びつけて考えてしまうと本当になってしまいそうで怖いから止めて欲しい。

あー、そのくせ私自身もイライラしてるし投げやりになってるしダメな方向に向いちゃってる。

気持ちの切り替えしないと。

親子遠足

今日は親子遠足で動物園へ。

天気が心配されどうなるかと思ったけど、何とか動物園に行くことに。

ただ気温が低い。

一応防寒はしたつもりだけど、それでも数時間屋外にいるのは寒かった。

娘とは2回目の動物園。

時間に制限もあったしスタンプラリーも制覇しなくちゃで、あまりゆっくり見る時間はなかった。 何より娘が自由奔放。

動物は見るけど、見入る感じは全くなくあっさり。

帰り間際になって「もっと見たい!」と。

なんとかなだめて集合場所へ。

帰る頃には身体が冷え切って冷え切って。

まぁでもコレが動物園行けずにどこかの体育館でレクになるよりは良かった。

今度はゆっくりと見に行きたいな。

 

お母さん先生やってきましたとえっ?!となった夫の行動

今日は保育参加の日。

お母さん先生やってきました。

一先ず、子ども達と仲良く遊べてよかった。

散歩は地味に疲れた。

公園でもずっと立ちっぱなしで、疲れた。

暑かったし。

保育士はすごいなーって本当に思った。

 

今日は夫は仕事が休みで、中途半端になってるリビングの隣の部屋の作業してるけど、荷物の移動だけで苛ついたらしく物に八つ当たり。

私が手伝うことを期待してたっぽいけど、知らんぷりしてたらキレてた。

からしてみたらそこキレるとこか?!って思ったけど敢えて触れず見てみぬふり。

アホ夫だわ、心底。

昨日は夫の両親と外で焼肉と仕事の手伝い

思いの外楽しかった。

天気も最高で娘も喜んでいて。

義理の両親のことになると、同居していた9年間の積もり積もった嫌な思いが優先して(嫌なことばかりではなかった、もちろん楽しいこともあった)反射的に批判的になってしまうんだと思う。

 

今日は夫の仕事の手伝いに行かないはずだったのに、またまた突如呼び出された。

呼び出しの頃、私は洗濯やら何やらいろいろやっていて急に行かないとならなくなってバッタバタ。

どうしてもっと計画的にしてくれないのか(クライアントさんが)と内心イラッとした。

でもこれを夫に言うとまた変な方向(面倒臭い方向)に行ってしまったら嫌だなーと思ったのと、クライアントさんがあってこその生活なので文句は言うべきではないと思ったのでぐっと堪えた。

はぁー暑くて疲れました。

 

明日は娘の保育参加。

お昼までお母さん先生として頑張らなくちゃ。

ふぅー…。