同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

術後2回目の娘の通院

娘の術後の経過は問題なし。

次の診察は2か月後になりました。

2か月後はたぶん仕事辞めてるので先生に「いつでも大丈夫です」と言いました。

病院の後に市役所(支所)に行って、保育所の空き状況を聞いたんだけど、本庁舎に行かないと担当の人とは話せなくて冊子だけ受け取って帰ってきた。

帰宅してから市のホームページを見たらタイミング良く現在の空き状況が各施設毎に掲載されてて、引っ越し先の近くは空きが少しあった。

でも1歳児(4月現在の年齢)は空きが平均ほぼなかった。

空いてるとこをキープしてもらえるのか気になったから電話して聞いたら、利用開始日がハッキリしないと何もできないと言われた。

電話口の担当の方は親切で対応も良かった。

どうか近くの園に入れますように…。

少し夫の仕事場(古民家)でゆっくりして、市内で少しだけ買い物して帰ってきた。

早く引っ越したいと思った。

気持ちが前向きになれたよ。

初めて退職願を書きました

まだ提出していないけど…。

来週提出します。

 

明日、引っ越し予定先の市役所へ行って保育園の状況を聞いてこようと思うけど、空いてなかったらどうしよう。

求職中のお母さんより就業中のお母さんより入れる率高いよねー。

 

高校卒業してからずーっと同じ会社で働いてきたから、退職するとなるとこの年齢で初めてのことづくしー。

わからないことは役所やハローワークに聞いて何とか乗り越えるしかない。

 

私の中で少し今の仕事に未練があるみたいで退職の意を伝えるともう後戻りできないから躊躇してしまう自分もいて…。

辛いことたくさんあるのにねー、なんでだろう。

嫌な思いもたくさんしてるのにねー。

退職時期が自分の予定よりも早まったからかな。(11月の予定から9月いっぱいに変更)

言うのもドキドキするなー。

でも!私の人生の新しい幕開けだー。

手がかからなかった

今日でお盆休みも終わり。

今日はどこにも出掛けず家で過ごした。

今日から夫は仕事で、娘とふたりで過ごすことに少し不安だったけれど、思いの外、娘は聞き分けがついて手がかからず。

お陰で晩御飯のしたくもあたふたすることなく出来ました。

テレビの力を借りていた部分もありますが。

そして私も休みが続いて気持ち的にも体力的にも余裕があったから余計にそう思えたのかもしれません。

前の日に「明日は感情的に怒らない」と自分に言い聞かせていたのが良かったのかもしれないし(笑)

いろんなことが比較的スムーズに出来て気持ちの良い日でした。

明日からまたいつもの慌ただしい日々の再開。

やるしかない。

 


f:id:tayumana-family:20170816230730j:image

 娘と散歩中にいた虫。

お腹の方は黄色で羽がついていて、私は生まれて初めて見た。

 

今日は実家へ遊びに行きました

納骨堂へお参りに行ってから夫と娘と3人で実家へ遊びに行ってきた。

父も姉も仕事で不在だったけど、オードブル食べてのんびり。

娘はメルちゃんの妹のネネちゃんと言うお人形をもらって嬉しそう。

寝んねさせたりミルクを飲ませたりお着替えをしたり、今の娘に調度良いみたいです。

実家近くの公園へ母が連れていってくれて、遅れて様子を見に行ったら上手にブランコに乗っててビックリ。

前は座れてもバランスが難しいみたいだったのが楽しそうに乗ってたー。

成長が著しい。

 

今日まで夫も仕事が休みで一緒に出掛けられて家族団らん水入らず出来て、私は嬉しかった。

やはり、義理の両親がいるのといないのとでは気持ちが全然違う。

明日からは夫は仕事だからお弁当作り再開。

頑張らなくちゃ。

早起きできるかなー。

しなくちゃ。


f:id:tayumana-family:20170815200404j:image

私と義母の不仲は夫が原因でもあることを実感

今さら?!と言う感じだけど、嫁と姑で夫の取り合いと言うと大袈裟だけど、そういう感じの感情があることに気が付いた。

で、夫の鈍感さと言うか立ち振舞いのズルさと言うか、も。

夫は自分の生活のペースを乱さない。

娘が生まれる前も生まれてからも何ら変わらない。

娘のために犠牲にしている自分の時間はゼロ。

私と娘との家族団らんより、自分の両親との家族団らんの時間の方が長い。

朝ご飯も夜ご飯も。

私と娘の朝は8時に家を出ないと間に合わないけど、夫は9時近くに家を出るからのんびり起きて身支度をしてご飯を食べる頃に私と娘が家を出る感じ。

私と娘が家を出たら、自分の両親と一緒に家族団らん朝の時間を過ごしているんだと思う。

夜は帰りが遅い日が多いから、私と娘は先にご飯もお風呂も終わらせてしまう。

夫は帰宅して義母にご飯準備をしてもらって会話しながら楽しくご飯タイム。

ご飯のあとも両親がいる居間でソファーに座りテレビタイム。

私が2階でやることをやってても上がってくることはまずない。

なので夫婦の時間もほぼなし。

夫のそばには常に義父か義母がいて話したくても話せないことが多い。

私はただの同居人みたいだ。

夫婦のコミュニケーションだってもちろんなし。

夫の上手い口車に乗せられて今に至る。

だから余計に私は義理の両親が鬱陶しく感じる。

夫も夫で両親に甘えるし、親は親でそれに見かねて甘やかすし。

親元から離れたことのない夫を親から離して少しでも自立してほしいと思ってしまう。

だから余計に早く別居したいと思う。

書き連ねて読み返すと夫が…情けない。

ただのダメダメ人間のようだ。

こんな夫だけど、頼れるところはもちろんあって良いとこもあるんです、とフォローしときます。

夫がもっと私や娘を大切にしてくれたら、私の気持ちももっと違うし、前向きになれるのにな。

 

一泊二日でキャンプしてきました

昨日から今日にかけてみんなでキャンプしてきました。

場所は白滝高原キャンプ場。


f:id:tayumana-family:20170813233403j:image

バンガローを2棟借りて、夫、私、娘と義父、義母、義弟(帰省中)、犬に分かれて泊まりました。

天気はあいにくの雨。

気温も低くて寒かったです。

…が娘は生まれて初めてのキャンプを楽しんでました。

終始じっとしてることなく常に動いてました。

夜には五右衛門風呂に夫と3人で入りました。

なかなか家では3人でお風呂に入ることがないし、何より五右衛門風呂。

面白い体験でした。

バンガローの中は電波が弱く、スマホをいじれなかったので早々に寝ました。

寒いかなー?と心配していたけれど、思ったより寒くなくてそこそこ眠れました。

キャンプへ行くと時間てあっという間に過ぎちゃいます。

私のお盆休みの半分がすでに経過しちゃいました。

ちょっと憂鬱だったキャンプだったけど無事に終わってよかったです。

義母側の親戚が遊びに来ました

お昼頃に来るようで朝からお昼ご飯の支度やら掃除に追われました。

その間、娘の相手を夫と義父がしてくれたのですごく大助かり。

いつもはお昼を11時に食べている娘をみんなが揃うまで待たせ、親戚が来るのを待ち…。

でもお昼を過ぎても来ない…。

だんだん娘を待たせているのが可哀想になって先に食べさせようと思ったけど、義母や夫が「もう少し待ちなさい」と。

私は居たたまれなかったけどグッと我慢しました。

親戚が来たのは1時半を回ってから。

やっとやっとのお昼ご飯でした。

ご飯後、娘はすんなりお昼寝タイム。

一時間程で起きて、親戚の4歳の男の子と外で遊びました。

親戚が帰ったのは午後6時近く。

それから明日のキャンプの準備。

先程やっとこ一段落つきました。

疲れたー。

明日のキャンプ、娘は生まれて初めて。

楽しんでくれるといいな。