同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。20年正社員で勤めた会社を退職し、今は調理員としてパートしてます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

娘の前で泣いてしまった

なんだかもういっぱいいっぱいになってしまって。

 

仕事が…明日が来るのが怖い。

今日、2回目のことでも「この前も言ったよね?!」とか、「何がわからないの?!」とか…。

初めてのことばかりでそれでも一生懸命頑張ってるつもりだけど、それさえも認めてもらえてくて。

「何がわからないの?!」どころか何がわかっていないのかさえわかりません、て感じですよ。

私が思い出そうと思って考えている時間すらも勿体ないから、わからないことはすぐに聞けとな。それじゃ、人は育たないし。

忙しいからってイライラ口調で言われたって、こっちは尻込みしちゃうし、先輩として失格な気がする。

私がダメダメなだけかもしれないけど、世の中ってそんなもん?

私が今まで恵まれた環境にいたってことなのかな?

私は別にいいけど、休憩時間も自分たちだけで話して盛り上がってるのは上に立つべき人間の器じゃないと思うし。

仲間として一緒にやっていこうと思うのなら、場になじめるように気を使うとか自分が新人だった時のことを思い出して、わかるように説明をするとか、いろいろあると思うんだけどな。

給食のおばさんの世界ではそれが普通なのかな。

明日は何を言われるのかとビクビクする。

そう言えば、昔、新人で入ってきたコが突拍子すぎるぐらいできないコで、私も今までになくイライラしてキツイことを言ったことがあって。

そしたらそのコ、数日後から出勤してこなくなって辞めちゃったな。

そのコ、今の私と同じ気持ちだったのかもしれない。

明日が来るのが怖いって。

何をしてもすぐに注意されて、口調もきつくて。

そんな精神状態の中、娘はイヤイヤ真っ盛りで。

職場ではガミガミ言われてしごかれて、家では娘がギャーギャーで気が狂いそうで。

ついつい娘にきつく接してしまい。

今までは風呂上がりのドライヤー、ばあちゃんにはさせなかったのに今日はさせてて、ばあちゃんと楽しそうに遊んでて、あー私の自業自得だと思ったら、こんな自分のバカさ加減とやるせない想いで泣けてしまった。

しかも娘に「お母さんとばあちゃん、どっちがいい?」って聞いちゃって。

そしたら娘は正直に「ばあちゃん」て。

私は母親も失格だし、社会人としてもダメダメだし、救いようがないなと思って、娘の言葉がショックで思わず泣いてしまった。

娘は「どうしたの?」ってティッシュを渡してくれて。

まだ再就職してから1週間しか経ってないのに情けない。

情けないけど、私が弱いせいで娘に悪影響を与えているのは否めない。

 

とりあえず今は、明日が来るのが怖い。

それしかない。