同居妻→同居解消balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

2008年11月から9年間同居後、2018年4月に同居解消。両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。20年正社員で勤めた会社を退職し、今は夫と二人三脚で働いてます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

BT23 出血多め、不安になり病院へ

止血してもらってから、まただんだんと出血の量が多くなって、今日はナプキンじゃないとダメなぐらい。

いつものオリモノ用の布ナプキンを止め、おりものシートに変更、何だかドロっと出てくる感じがしてトイレへ行くとおりものシートほぼ全面に出血。

すぐに取り替えたけど、また同じ症状。

まるで生理のような感じ。

今までで1番多い出血。

ずーっとではないけど、生理痛のような重ダルい痛みもあった。

 

午前中から夫の実家へ野菜をもらいに出掛けていたので、帰ってきてから夕方病院に電話して当直の当番医師に診てもらうことに。

 

すると胎嚢もハッキリ見えて、心拍らしきものも。

先生は「順調な印だけど、この時期の流産はタマゴの染色体異常が原因だから止められない。」と。

前回受診時の出血の原因が膣剤が原因だったから、そのことを質問するとその可能性もある、と。

出血の原因までは詳しく診てくれないようだった。

とりあえず張り止めの薬をもらって帰宅。

私の心の中ではまた膣剤が原因の出血だから、大丈夫と思い込んでる自分がいる。

うん、絶対大丈夫。

心拍らしきものが見えて嬉しかった。

絶対大丈夫!

大丈夫!大丈夫!大丈夫!