同居妻→同居解消balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

2008年11月から9年間同居後、2018年4月に同居解消。両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産、2019年7月25日予定帝王切開にて次女を出産。20年正社員で勤めた会社を退職し、今は夫と二人三脚で働いてます。ネガティブ思考の強い40代主婦の日常を綴ります。

【下の子・3歳】ヒトメタニューモウイルスにかかりました。

コロナに感染してから約一か月後、下の子が再び熱を出しました。

その日は通常通り登園していて、お迎えの時に先生が

「なんだか今日はいつもと様子が違ったんです。いつもなら塗り絵は丁寧に塗っているのに途中からグチャグチャっと塗りつぶしてしまったり、怒りっぽかったり」と言っていて

私は、運動会も終わったばかりで疲れているのかもだし、いつも家では乱暴なところもあるし、とあまり気に留めていなかったんです。

 

でもその日の夜、ゴロゴロしていて何だか様子がおかしい。

おでこを触ってみたら、熱が上がっていました。

夜中には38.5度を超える熱。

寝ていても苦しそうだったので坐薬をしました。

 

翌日、私は午前中仕事があったのだけど、夫は運よくお休みの日でした。

夫に下の子を病院に連れて行ってもらいました。

コロナウイルスアデノウイルス、RSウイルス、溶連菌と検査をしましたがいずれも陰性。

”風邪”との診断を受けて薬をもらって帰ってきていました。

 

でもそれから二日後も熱は高いまま続いていました。(一日に1回坐薬必須なほどの熱です。)

これはただの風邪ではないんじゃないかと再度受診。

 

前回検査をしていなかった”ヒトメタニューモウイルス”の検査をした結果、『陽性』。

熱が続いていた原因はコレでした。

原因がわかって一先ずホッとしました。

追加の薬をもらって翌日には完全に解熱。

 

長い発熱期間でした。

 

コロナに感染して、長く休むような病気はしばらく大丈夫だろうと油断していたところにヒトメタニューモウイルス感染。

全く予想だにしていませんでした。

 

そして園の先生の観察力に脱帽しました。

何十人といる園児一人一人をしっかり見てくれているんだなと感じることができました。

感謝です。