同居妻→同居解消balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

2008年11月から9年間同居後、2018年4月に同居解消。両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産、2019年7月25日予定帝王切開にて次女を出産。20年正社員で勤めた会社を退職し、今は夫と二人三脚で働いてます。ネガティブ思考の強い40代主婦の日常を綴ります。

次女の予防接種に行った時のこと

先日、次女は4か月になりました。

3回目の予防接種の日です。

この時期の病院は混んでいて、いろんな子がいたんだけど、ちょうど長女と同じくらいの年の女の子がいて、その子も予防接種だった様子。

たまたま中待合室で一緒になり、ついつい気になって見てしまっていたんだけど

その子は予防接種を怖がり嫌がりどうにか逃げようとしておんおんと泣いてて、その子のお母さんはなだめようと冷静に言い聞かせていた。

私はその親子のやり取りを見て泣きそうになった。

お母さんの気持ちがわかりすぎて。

自分だったらあんなふうになだめられないなとも思って。

その子はとにかく大きな声で泣いていて、お母さんが抱っこしてなだめようとするも暴れて全くダメで。

そんな時、私だったら突き放したくなる。

頑張れるって確認して来たはずなのに、土壇場でこんなふうにごねられたら、最初はなだめようと頑張っても、そのうち嫌気がさしてきてしまう。

なのに、その子のお母さんは何度も何度も根気よくその子に付き合っていて。

そんなお母さんの姿に自分の未熟さも身に染みた。

子供が小さいときは大きくなるにつれて手がかからなくなるし楽になる!って思っていたけれど、大きくなるにつれて手はかからなくなるけど、精神的にも成長するからこっちの言い分ばかり通らないし、決して楽ではない。

子育てに『楽』なんてキーワードはないのかも。

そんなことを思った。

自分の娘に対する姿勢を考えさせられる光景だった。

私はその子のお母さんよりどう見ても年上だけど、見習わないといけない姿だなと思った。

私はぜんっぜんダメな母親だけど、世のお母さんてすごいな。

本当心からそう思った。