同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

可愛いと思えるか否か

今日は娘を園に迎えに行き、娘がなかなか素直に帰り支度をしてくれず30分じっと我慢した。

土曜日は人数が少なくて、全園児1つのお部屋の中で遊んでいて、帰りはホールを通って玄関へのルート。

娘は誰もいない広いホールが嬉しかったのか走り回り、ホールの隅にある本棚から絵本を何度も何度も持ち出して見始める。

私は娘の様子を見つつ、そのうち気が済んだら帰るだろうとグッと待ってみた。

なかなか帰ろうとする素振りなし。

絵本を持ってくる度に「これで終わりだよ」と言っては延々と終わらないので、これは良くないと思い、「お母さん先に帰るね」と言って気を引く作戦。

何度目かで成功。

園を後にする頃にはお迎えに来てから30分経ってた。

 

帰宅後、手を洗うのだけど洗面台の前に小さな椅子を持ってきてそれに上がって手を洗うのに、水を自分で出したり止めたりが嬉しいのか水を出しっぱなしにする。

「水、もったいないよ」と何度も声をかけるけど反抗的。

正直、娘をこの時点で可愛いと思える器量が私にはなく、ただただ憎たらしくなる。

でも、眠る頃には素直に可愛いと思ってる。

 

できるだけ上から目線にならないように、大人時間で動かないように、娘に寄り添って頑張ろうと思う。

私はどれだけできるかわからないけど。

明日は娘と日曜日。

娘とずーっと一緒。

私の忍耐力が問われる。