同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

夫と二人目のことを話し合いました

お腹がヤバいぐらいパンパンです。

そろそろ生理が来る頃。

すごく苦しい。

早く来て欲しい。

 

今日は出掛けた帰りの車で夫と二人目のことを話し合いました。

結論的には私も夫も二人目を望んでいるということ。

でもすぐには治療に踏み出せない理由があります。

①引っ越しとリフォームにお金がかかること。

②仕事のこと。(収入が安定していない。この先私が夫の仕事を手伝う予定だけど、治療をしたらそうもいかなくなること。)

でも、自分の年齢を考えたら早いに越したことはない。(来年、40才)

以前、治療をしていたときも夫は個人事業主になるべく準備していた時期で、貯めていたお金も治療と生活費にほとんど消えちゃいました。

お金の問題も切実だけど、何より私の身体にはタイムリミットがある。

幸いなことは3年前に受精卵数個を凍結していること。

卵子は年齢と共に老化していくから。

でもね、正直、今の夫の生活ぶりだとちょっと躊躇する。

もっと育児に協力的じゃないと。

それとやっぱりお金は大切。

無理して二人目をと頑張っても将来的に辛い思いはさせたくない。

それだったら諦めるのも有りなのかとも私は実は思ってる。

社会がもっと不妊治療に助成してくれたらなぁ。

保険対象になって欲しいよ。

本当に。