同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

私と義母の不仲は夫が原因でもあることを実感

今さら?!と言う感じだけど、嫁と姑で夫の取り合いと言うと大袈裟だけど、そういう感じの感情があることに気が付いた。

で、夫の鈍感さと言うか立ち振舞いのズルさと言うか、も。

夫は自分の生活のペースを乱さない。

娘が生まれる前も生まれてからも何ら変わらない。

娘のために犠牲にしている自分の時間はゼロ。

私と娘との家族団らんより、自分の両親との家族団らんの時間の方が長い。

朝ご飯も夜ご飯も。

私と娘の朝は8時に家を出ないと間に合わないけど、夫は9時近くに家を出るからのんびり起きて身支度をしてご飯を食べる頃に私と娘が家を出る感じ。

私と娘が家を出たら、自分の両親と一緒に家族団らん朝の時間を過ごしているんだと思う。

夜は帰りが遅い日が多いから、私と娘は先にご飯もお風呂も終わらせてしまう。

夫は帰宅して義母にご飯準備をしてもらって会話しながら楽しくご飯タイム。

ご飯のあとも両親がいる居間でソファーに座りテレビタイム。

私が2階でやることをやってても上がってくることはまずない。

なので夫婦の時間もほぼなし。

夫のそばには常に義父か義母がいて話したくても話せないことが多い。

私はただの同居人みたいだ。

夫婦のコミュニケーションだってもちろんなし。

夫の上手い口車に乗せられて今に至る。

だから余計に私は義理の両親が鬱陶しく感じる。

夫も夫で両親に甘えるし、親は親でそれに見かねて甘やかすし。

親元から離れたことのない夫を親から離して少しでも自立してほしいと思ってしまう。

だから余計に早く別居したいと思う。

書き連ねて読み返すと夫が…情けない。

ただのダメダメ人間のようだ。

こんな夫だけど、頼れるところはもちろんあって良いとこもあるんです、とフォローしときます。

夫がもっと私や娘を大切にしてくれたら、私の気持ちももっと違うし、前向きになれるのにな。