同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

娘の入院、手術の保険給付金の途中経過…結果

民共済とアフラックから封書が届きました。

どちらも給付金が支給されました。

あとは郵便局だけです。

先天性と名の付く病気には給付対象外かもしれないと言われていた道民共済。

封書が届くのが一番早かったです。

耳の鼓膜切開だとしたら対象外だと言われたアフラックも無事に支給されありがたい限りです。

でもアフラックは通院関係もあり、再度病院に記入してもらわないとならない書類があり少し面倒です。

まぁ仕方ないか。

 

追記

郵便局からも給付金が出るようです。

義母の名義でかけてくれてたので、義母宛に封書が届いてたようです。

でも封書が届いたことを私には言わずに後から帰宅した夫に言っていて、私と先に会ってるんだから教えてくれたっていいのに…と少し腹が立ちました。

私には言いたくなかったのかな。

こういう義母の態度に毎回苛立ちます。

娘の保険をかけてくれてたことには感謝しないとならないですけどね。