同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

退職と引っ越し(予定)

夫の仕事場(古民家購入)を昨年の9月ぐらいに移転し、行く行くはそこへ引っ越しをする予定でおりました。

夫の仕事も一先ず順調で今の家から仕事場への移動が車で片道1時間かかるため、いよいよその話が具体化してきました。

私自身も1年前の5月に復職し待遇が変わったことに我慢して仕事してましたが、やはり精神的なものを拭えず、重たい荷物を運ぶこともあるので身体的にも辛い部分があり…。

私側としてはちょっと逃げの部分もありますが、このタイミングで20年務めてきた会社ともお別れすることになりそうです。(まだ予定ですが。)

ただ心配なのは転園しなければならない娘のこと。

まだ新しい保育所も見つかってませんが、ちょっと心配です。

子供は環境適応能力が高いと聞くので、親の取り越し苦労であることを願うだけです。

あと、経済的な面ですね。

安定した収入がなくなり、夫の事業のみの収入になります。

時短勤務とはいえ私の収入は生活費をほぼカバーしてます。

それがゼロになるので心配と言えば心配です。

夫の仕事を手伝いつつも、仕事を探さなければならないかもしれません。

それも覚悟しなければならないです。

けどストレスだった義理の両親との同居が解消になります。

台所も居間も全て自分の思うようにできるのは嬉しいですし楽しみです。

 

現段階の予定では11月いっぱいと思ってます。

会社には9月の暮れにでもお話ししようかと。

私の場合、引き継ぎも何もないのでそれぐらいのタイミングで大丈夫じゃないかと。

引っ越しのことは一切話すつもりはありません。

会社には感謝の気持ちはもちろんありますが、復職してからは悲しい気持ちでいっぱいなので、それが理由だと話すつもりです。