同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

お祭りに行ってきました、と保険給付金の請求手続きが完了しました

今日は神社祭の中日。

園のお迎え帰りに出店を見てきました。

空が怪しい雲行きで雷も鳴っていたので、足早に去って来ましたが、娘と行けて楽しかったです。

娘にはアンパンマンの笛とビニールの風船を買いました。

娘が気になって近寄っていったので。

嬉しそうに歩く娘と手を繋いで駐車場に向かっている時間が何とも幸せでした。

行って良かった。

 

昨日、夫に娘の入院と手術の際の診断書を取ってきて貰えたので、昨日のうちに必要事項を記入し必要な他の書類を用意して、今日ポストに投函しました。

かんぽ生命、道民共済、アフラックの三社。

かんぽ生命以外のところからは、もしかしたら給付の対象外になるかもしれない(道民共済は先天性と付くものは出ない可能性がある。アフラックは鼓膜切開は出ない可能性がある)と言われているのでどうなるかわかりませんが、出すだけ出しました。

民共済は出なかったら診断書の料金を返金してくれるようだし、アフラックは他の保険会社の診断書のコピーでも良いとのことなのでコピーで提出しました。

かんぽ生命は特に何も言われてないから出るといいなー。

期待しないで連絡を待つのみです。