同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

義妹夫婦に会うか迷っています

9月に千葉県の義妹夫婦がお墓参りのため、こちらに来るそうです。

その時に少しでも会えたら…と言われています。

私だけに連絡が来ています。

不仲なため義理の父母にも夫にも連絡は来ていません。

その日は仕事かもしれないと返事を濁してあるのですが、さぁどうしましょう…。

一応、来るかもしれないと連絡があったことはチラッと夫には話しましたが「会いたい」と言われていることは内緒にしてあります。

義理の父母には内緒にしておいてねと言ってあります。

 

不仲の原因は義妹夫婦が近くに在住のとき(3年ぐらい前)に義妹夫婦の息子の成長・発育のことで横からいろいろと口出しをしたり、心ない言葉をかけたらしいです。かつ不慣れな土地で精神的にも不安定になっていたときだったのでかなりのダメージを受けたようです。

義妹が肺炎になり、息子の面倒をみてもらいたくて連絡したときには義母は「大丈夫?」の一言もなく、「治ってから遊びにおいで」と言ったらしいです。

いろんなことが積もり積もって在住1年足らずで義妹の旦那さんの地元である千葉に戻って行きました。

 

それ以来、一切、義妹からは義理父母や夫に連絡がありません。

私には…時々ですが連絡をくれます。

義妹夫婦が義理父母に抱いてしまった不信感を私も共感してしまった部分があるからだと思います。

兄嫁だからそれなりに優遇されていると思っていたらしいですが、今まで私がされてきた嫌な気持ちになることや言われたことを知って、仲間意識を持ってくれた、心配してくれているのだと思います。

夫に対しては義妹夫婦側は「あの家族」と捉えているので、バッサリです。

会えば、義理父母の愚痴大会になるのだろうか?

いや、相手も大人、そんなことはないのか?

愚痴大会をしたいときもあるけど、愚痴大会は避けたいような…。

 

義妹の旦那さんが言う「義理父母は『自己中』、『過保護』、『時代錯誤』」…。

…はい…申し訳ないけど頷けます。

夫に対する『過保護』は半端ない気がする。

それに慣れきってしまっている夫…(泣)。

『時代錯誤』…育児に関しては本当にそう感じます。

昔のやり方を押し付けるような雰囲気、口ばかりうるさいけど何もしない。それに加え『過干渉』。

『自己中』わかる部分あり…。

否定できません。

 

はぁ…どうしましょう。

悩む。