同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

育児って難しい

今日、入院中の病室であった出来事。

娘は元気すぎて常にあちこち遊びに行きたいと要求してくる。

遊んでいい時間なら私はそれは全然構わないと思ってる。

ただ、私の用事があるときややらなくてはならないことがあるときは我慢して待ってて欲しい。

でも娘は遊んでいる最中は楽しくて言い聞かせてもなかなか言うことを聞かない。

特に病院のプレールームで遊んでるときはダメ。何度か無理やり抱っこして強制的に病室に戻した。

今日もプレールームの使用時間が終わり、寝る支度をする時間に部屋で駄々。

 

もっと遊びたい、もっと遊びたい。

 

いい聞かせきれてない私を見兼ねたのか、少し仲良くなったお隣のベッドの子のお母さんが娘に言い聞かせしてくれた。

その時は娘も黙って話を聞いてたけど、私と二人になるとまた駄々…。

ここで負けちゃいかんと私は頑として言うことを聞かなかったんだけど、その際、娘は大声で泣いてて。

基本、私は泣いてもいいやのこのスタンス。泣かせずに言い聞かせで理解させるなんて娘の年齢では難しいと思ってる部分があるし。

でもここは団体生活をしている病院。

この私のスタンスは周りに迷惑をかけているのかと…。

そのお母さんは良かれと思ってしてくれたんだと思うし、私も見習うべき所だと思ったんだけど、何だか気持ちは凹んだ。

私、娘に負けてるのかな。

娘がそんな年齢なだけなのかな。

私だって娘の好き放題にはしてないつもりだけど、それはただのつもりなだけであって甘やかしでしかないのかな。

 

娘には伸び伸びと大きくなって欲しい。

いろんな人と関わって、いろんな経験をして、広い視野で物事を捉えられる、考えられる人になって欲しい。

危なくないところで思う存分時間が許す限りは遊ばせてあげたい。

その想いは違う方向へ行ってしまってるんだろうか。

今が辛抱強く言い聞かせないとならない時期なんだと思ってる。わかってる。

でも出来てないってことなのか、きっと。

…いや、そんな私に見本をみせたつもりではなく加担してくれたのかな?

後者の方がポジティブだから、後者の方なんだ、きっと。

自分を責めてばかりいないで前向きに向き合おう。

そう、そうしよう。

まとまりがないけど、なんだか育児って本当に難しいと思った今日だった。