同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

無駄な口論

体調がよろしくありません。

が、有給は出来るだけ娘のために使いたいので出勤しとります。

仕事自体は忙しくないから良いんだけど、外回りは正直しんどい。

今日はまだ意識がしっかりしているから大丈夫。

昨日は飲んだ薬が悪かったのかボーっとするし、本当にひどかった。

 

一昨日、夫と口論になりまして。

私が娘の風邪がうつって辛いという話をしていて、

夫:「俺は風邪ひいて寝込んでられないもんなー」(それだけ忙しいと言いたいらしい。)と放った言葉から始まりまして。

受け取り方が悪いだけかもしれないけど、まるで私が寝込んで休養しているような言い草に聞こえまして…。

実際、寝込んでませんし!

寒気しようが頭痛がひどかろうが、娘にご飯を食べさせてお風呂入れて、やること全てやってますから!

洗濯だってサボらずにやりましたから!

私がそうやってキィーッとなって言い返したら、

夫:「なんでいつもそうなるの?(怒)誰もそんなつもりで言ってないし(怒)」

私:「自分はそんなつもりで言ってなくても、私みたいにそういう風に受け取ってしまう人がいるんだよ!」

夫:「誰もそんな風に受け取らないわ」

私:「現に私がいるでしょう。私の受け取り方が悪いだけかもしれないけど、そういう風に受け取ってしまう人もいるってこと考えながら話した方がいいんじゃない?」(←至って冷静に淡々と…)

夫:「だから!他の人は誰もそんな風に受け取らないって(怒)」

………。

夫とはいつも口論になると平行線のまま。

夫は絶対自分の考えを曲げたり譲歩したりしない。

だから当然謝ることもしらない。

だから口論しても正直『労力の無駄』。

今まで何度も口論したけど、彼は私が言ったこと一体どのぐらいわかっているのか。受け入れてるのか。謎。

無駄だとわかっている口論をそれでもしてしまうのは、「わかってほしい、わかってもらえるはず」と思ってしまっているから。

私も滑稽だ。

まったくもって滑稽だ。

思い出したらまた腹が立ってきた。