読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

そんなものはいらない

娘はよく何でも手に持っているものを「はい」って渡してくる。

自分に余裕がなくて感情的になっているときに私も「そんなのいらない」って言ってしまったことがあるけど、今日、他の人が娘にそう言い返しているのを聞いて「そりゃないでしょ」と思った。

いらなくても「どうもありがとう」って受け取って欲しかった。

あ、今回は娘にとってはじいちゃんなんだけど。「そんなものいらない」と。

それを咎めることなく何でもないことのようにそばで笑ってるばあちゃん。

私が神経質すぎるのか(感覚がおかしいのか)わからないけど、その態度もカチンときた。

何かにつけ娘のやることをすぐに「ダメ」と言うばあちゃん。私は危なくないことなら娘は気が済んだら片付けようとするし触らなくなるからある程度見守りたい。

娘が食べ物をこぼすのも仕方のないこと。なのに事細かく「こぼした」だの「エプロンにいっぱいこぼれてる」だのいちいちうるさい。

小さな子どもなんだから仕方ないでしょ。

だから練習してるんでしょ。

もう何かと一つ一つ細かい、うるさい。

こんないちいちうるさい環境でいいのだろうかと考えちゃう。

娘としても嫌だからすぐ私の方に来たがるんじゃないかと思う。

…いろいろと考えちゃうよねー。

私にとってもストレスに感じちゃう。