同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

娘の発熱

昨日、出勤して40分ぐらい経ってから園から「熱が38.6度あります。」とお呼びだし。

急いでお迎え行って小児科へ。

さすが土曜日混んでる…。

事前に予約入れて行ったけど、結構待たされた。1時間ぐらいかかったかな。それから調剤薬局へ。小児科から最寄りの調剤薬局も混んでるし、待ち時間もいつも長いから帰り道にある空いてる調剤薬局へ。初めて行くとこ。待ってる客いないし、すぐできるだろうと思ってたけど大誤算。30分近く待たされた。時は既にお昼を回ってる…。

娘はお腹が空いてるのもあって愚図り始めるし、私もイライラ。

乾燥用の軟膏も出してもらっていたせいか娘の顔の苺状血管腫を見て「これは傷ですか?」どうやらそこに塗るものだと思ったらしい。それでなくてもイライラしていた私。さらにムッとしてしまった。

急いで帰宅してご飯食べさせてホッと一安心。熱も幸い自然と平熱近くまで下がった。でも昨日はお風呂はお休みした。

今日は全くの平熱。本人も元気。

インフルエンザの可能性もなくはなかったから、医者からは24時間熱が出なかったら保育園に行っていいですよ、と言われていてこの調子だと明日は普通通り行けそう。

 

最近、園へ送っての別れ際、娘は離れたくない様子ででも先生が抱っこしに来ると抵抗してもどうにもならないとわかっているのか寂しそうな顔をしながら先生の腕へ。

もしかしたら今回の熱はそういう精神的なものから来るのもあるのかなー?と思ったりする。親としては切ない。寂しいの我慢して頑張ってるんだね、と思ったら胸が張り裂けそうだ。

なんともやるせない。