読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居妻balcoのぴかぴか一番星~育児奮闘と日々のこと

両側卵管閉塞のため不妊治療の元、結婚6年目にして2015年5月22日に待望なる娘を緊急帝王切開にて出産しました。ただいま時短勤務でワーキングママ頑張ってます。新米母ちゃんの育児の奮闘と日々のことを思いのままに綴ります。

かつては

苦しいぐらい大好きだった夫だけど(まだ結婚する前)、今は正直そんな感情はなく逆に夫と言う存在が自分を苦しめているように感じる。

夫がいることで負担が増えてる。

 

家計事情も生活費は100%私の給料。

夫の数個の保険料が確実に生活を圧迫してるし、夫と離れた方が生活が楽な気がするのは気のせいか?(保険料のことは今まで幾度となく話し合いをしてるけど、折り合いつかず)

いっそのこと母子家庭手当てをもらう生活の方が生活的にも精神的にも自分の時間にも余裕ができる気がする。

ただ、娘には可哀想な想いをさせてしまうのは間違いない。

私自身もそんな勇気がないのも本音。

 

なんでも片付けることを知らない夫。

家は物に溢れてるけど、整理整頓されず。

目に余って片付けたら文句を言われる始末。

四十過ぎたいい大人がいつまでも親の脛をかじるような生活。

(親も親で子離れしてないんだけど。)

何だか情けない。

 

私は姓が変わったことで苦労が増えたし不幸も増えた。

姓名判断見ちゃったから余計にそう感じてる。

旧姓の方が断然、運が良かった。

 

寝室、別室にしたいぐらいな気持ち、今。